2010年06月28日

今年もブラックボックスが出現

ハイ,今年も出ました!ブラックボックスです.

10箱形アリーナ.jpg

この梅雨の季節,毎年のように1-2週間ほど出現する
謎の構造物なわけですが,カメムシのナビ実験のための
アリーナなんですね.

3×3×2mという結構なサイズなので,
建てるのにかなりの時間がかかります.
コツコツ準備して,昨日ようやく建ちました.
あらためてこの実験が面倒なことをひしひし感じています.
それから昨日今日と佐賀は猛烈な雨.
大雨洪水警報の中,ずぶ濡れになってカメムシを追ってます.
雨に打たれながらの仕事は疲れが倍増するような気が….
体がだる〜い.
でもこれから実験は佳境に入ります.頑張ろう.
posted by 針山堀太郎 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

温室に吊った蚊帳のなかで

チャバネアオカメムシの走光性に関する
幾つかの実験に取り組んでいます.
今年も大学の温室を使わせていただいて,
そのなかの1つの実験を進めています.

10温室.jpg

ただ,まだこの材料に慣れてないのか,
野外実験や半野外実験が難しいです.

なにか重要な要素を理解してないんだろうなぁ.
行動学の場合,材料の動物の野外の生態を
集中してとにかく長時間観察する事が
色々な実験を成功させる近道なのですが,
この虫,素早いし,良く飛ぶので観察もままならない.
う〜ん,悔しい.


posted by 針山堀太郎 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

今年もサマーサイエンスキャンプ

ここ数年,夏休み期間に毎年行っている
「高校生のための先進的科学技術体験合宿プログラム」
サマーサイエンスキャンプですが,
浜松医大の生物学教室では今年も行います.
カエルを使って眼に関する色々な実験をしながら,
生物の視覚について学ぶ内容になっています.

SSCカエル.jpg

生物学教室で行うサマーサイエンスキャンプでは,
現役の浜松医大の医大生の1年生,2年生に
実験などを色々と教えてもらいながら進めていきます.
大学のお兄さんお姉さんと仲良くなるわけで,
大学ってどんなところなのか,
大学生ってどんな人達なのか,
より身近に実感できると思いますよ.

文系,理系問わず,
医大に興味のある学生さんは是非応募してください.

応募は,募集要項のおいてある,
科学技術振興機構の下記のHPを見てください.
http://ppd.jsf.or.jp/camp/
6月15日が応募締切になります.

posted by 針山堀太郎 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。