2011年04月22日

小笠原の新種のフナムシ

2007年に小笠原にフナムシ調査に行った際,
謎の渓流性のフナムシを採集したことを紹介しましたが,
http://hahoman.seesaa.net/article/49747341.html
この謎のフナムシ,今回,新種記載の論文が出版されました.

Ligia torrenticola
ナガレフナムシ
ナガレフナムシ.jpg

Nunomura, N., Horiguchi, H., Sasaki, T., Hironaka, M. & Hariyama, T (2011) A new species of the genus Ligia (Crustacea: Isopoda: Ligiidae) from steep streames of Chichijima and Anijima Islands of the Ogasawara Islands.(小笠原諸島父島・兄島の渓流から発見されたフナムシ属(甲殻亜門:等脚目:フナムシ科)の1新種)
富山市科学博物館研究報告, (34): 73-79.

日本の等脚目研究の権威である布村昇先生と
追加の調査と標本採集を行っていただいた
佐々木哲朗氏の努力によるものです.
心より感謝致します.

このフナムシの驚くべき点は,
写真のような渓流に生息していることです.
少なくとも本種以外,日本には渓流性のフナムシは報告されていません.
渓流でどのような生活をしてるのでしょうか?ワクワクしますね.
その生理と生態の解明を進めたいと考えています.

初寝浦.jpg
posted by 針山堀太郎 at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究室の生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

定位の研究してます

全然,更新されてないけど,ちゃんと仕事してるの?
という声が聞こえてきそうな気がしますが,
針山研究室の皆さん,お仕事頑張っておられます.
いよいよ生き物のシーズンに入ったこともあって,
一層バタバタしてきました.

僕も忙しい日々を送らせていただいてます.
1つは科研費の研究なのですが,フタボシツチカメムシ
という小さな昆虫のナビゲーション行動をモデルに,
「昆虫の点光源コンパスの不安定性とその補償としての並行処理」
という研究を進めています.

11フタボシツチカメムシ.jpg

この研究ですが,核になるデータが取れましたので,
日本動物心理学会・日本動物行動学会・応用動物学会・家畜管理学会の
四学会合同大会「Animal 2011」にて発表する予定です.
http://www.saitama-med.ac.jp/medlinks/animal2011/index.html

コンパス情報の並行処理という動物の未知の定位能力を紹介します.
機会があれば,聞きにきていただけると嬉しいです.



posted by 針山堀太郎 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。