2011年07月10日

机の上でベニツチカメムシに給餌させる

浜松も梅雨が空けました.
野外ではベニツチカメムシの給餌もそろそろ終りの時期です.

このベニツチカメムシの魅力の1つは,
他の社会性昆虫に勝るとも劣らない,
母親の献身的な子育て行動です.

上手に飼育してやると,その子育て行動を
室内でも本当に見事に見せてくれます.
その意味で,愛玩動物のように飼える昆虫だなぁ,
と常々感じていて,最近,ある書き物のなかで,
「ペット的な楽しみ方できる虫である」
というようなことを書いたのですが,
それはちょっと言い過ぎなんじゃないの・・・
と言われてしまったので,
こんな感じなんです,という映像を撮影してみました.



映像は8倍速で再生していますので,
ちょっとセカセカした感じになってます.

このブログで初めて映像をアップしたので,
これが上手に再生できているのか不安なのですが,
映像内容は,下の写真のような人工巣からカメムシが出て行って,
文献の横を歩いてパソコン横の餌場にたどり着き,
幼虫の餌の種子をとって,巣へ帰っていくという映像なんですね.
人工巣の中の大きな個体が母親で,小さなオレンジの粒が幼虫.
肌色の丸いものが餌の種子で,
すべて母親が餌場から自分で運んだものです.

人工巣.jpg
デスク上での採餌.jpg


どうでしょう,ペットみたいでしょう?
個体差があって,ちょっとした物音に怯えて
PCを打っていると,巣から出てこない個体もいますが,
大胆な個体は,すぐ横でどんどん給餌してくれます.
餌さえ豊富に与えておけば,巣と餌場を往復するだけで,
逃げていなくなってしまうこともほとんどありません.
ミツバチみたいに飼育が大掛かりにならないし,
アリのようにそこかしこを歩き回ったりしないので,
扱いやすくて可愛いのです.

ふ〜む,15年かけてようやく
ここまで飼育できるようになってきました!
これは良い虫です.

posted by 針山堀太郎 at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

ナガレフナムシ記事

「小笠原で渓流性の新種フナムシ発見」という記事が
6月17日の静岡新聞の夕刊にも掲載されました.

11静岡新聞.jpg

先月,小笠原諸島が世界自然遺産に登録されましたが,
ナガレフナムシも登録推進にちょっとだけ貢献したことを
関係者の方から聞いています.なんか嬉しいですね.
また,小笠原に調査に行きたいものです.
posted by 針山堀太郎 at 13:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。