2009年12月20日

カメムシが塩ビパイプに穴を?

ヤマハ株式会社のある工場の架空塩ビ配管から
原因不明な薬液の漏洩が起こっており,
それが昆虫によるものではないか,
との相談を3年ほど前から針山先生と受けていました.

その結果,幾つかの状況証拠から薬液漏洩は
カメムシの穴あけによるものである可能性が高まったとして,
ヤマハさんが最近,簡単な論文を雑誌に投稿され,
掲載された,とのご報告をいただきました.

山本浩三,大地清和(2009)
薬液漏洩トラブルを引き起こす要因としてのカメムシの配管穴あけ行動
環境管理 45: 1057-1060

環境管理1.jpg

まだ,カメムシである,との断定はできていませんが,
この現象,結構面白いと思います.
謎の現象を解明していくことに,研究者って弱いんですよね.
できれば,もうちょっと突っ込んで,
そのメカニズムを解明したいところなんですが.
カメムシならば,なぜ硫酸等を流している塩ビ管に穴をあけたのか,
その至近要因をとりあえず明らかにしたい所です.
posted by 針山堀太郎 at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
昆虫の実験って確かに予期しないことが多々あり確かに面白いですね。
いきなり私事に入って申し訳ないのですが差し支えなければお読みください。

僕は一年前から部活でクサギカメムシの飼育法と行動制御物質の研究をしています。今はクサギカメムシの安定供給のためクサギカメムシの飼育条件を調べようと思っているのですが去年と比べクサギカメムシが姿を現しません。ネットで調べてもクサギカメムシの発生状況があまり載っておらず情報が集まりません。もし何か知っていれば情報提供よろしくお願いします。
ちなみに学校で今までに捕獲したカメムシはクサギカメムシ、マルカメムシ、ホソヘリカメムシ、オオトビサシガメです。
長文失礼しました。

P.S

僕はホームページを持っていないので学校のを使いました。
Posted by halyomorpha at 2010年11月11日 23:57
コメント有り難うございます.高校生さんでしょうか.クサギカメムシは身近な害虫カメムシの一種ですが,飼育方法は確立されていないようなので,面白そうですね.

下記の論文検索データベースを使って「クサギカメムシ」とキーワードを入れると,クサギカメムシの研究論文が幾つかヒットしますので,参考にしてください.
http://ci.nii.ac.jp/

僕はクサギカメムシの発生に関する情報をもっていませんが,岡山県のクサギカメムシの発生状況は,岡山県病害虫防除所から時折発信されることがあるようです.
http://www.pref.okayama.jp/soshiki/kakuka.html?sec_sec1=239

研究頑張ってくださいね.
Posted by M太郎 at 2010年11月12日 15:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136110415
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。