2010年04月01日

さようなら,右藤理事

昨日,3月31日付けで右藤理事が退職されました.
浜松医大において33年間の長きにわたり,
研究と教育にご尽力され,本学の発展に力を注がれました.
右藤先生,本当に有り難うございました.

先生がいなくなってしまうんだな,という寂しい気持ちで
理事室の片づけのお手伝いに伺ったところ,
「本当にいなくなってしまうのか?」
と,逆に不安になるほどの荷物が残っていました.
先生,全然片付いていませんよ,笑.

ということで,生物学教室のスタッフ総出で,
お手伝いさせていただきました.
僕は先生の大切にされていたウニの標本をいただきました.

理事室お片づけ.jpg

そして最後は事務の皆さんに見送られて,大学を後に….

理事お見送り.jpg

一人の研究者・教育者が節目を迎えることを想うと,
言葉にできないような重みがあります.
右藤先生とお部屋を片付けながら,
先生の昔話を伺ったり,懐かしい写真を拝見したり,
今日は,先生と長い時間を過ごさせていただきました.
素晴らしい日になったと思います.

posted by 針山堀太郎 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。