2010年05月27日

謎の構造物とチャバネアオカメムシ

5月に入ってチャバネアオカメムシが
活発に飛翔するようになってきました.

10チャバネ1.jpg

ということで,チャバネアオカメムシの走光性の実験を
忙しく進めています.

今年の研究のストーリー,研究計画,そしてその準備は,
今年に入って長い時間をかけて練り上げて,
その上で2月と3月に針山先生,山濱さんと何度も議論をして,
4月の段階で完璧に仕上がっていました.
で,あとは5月に予想される行動データを取るだけ,
のつもりだったのですが…

全く予想外の結果が出て,慌てています.
絶対定位してくれると思った条件で,
カメムシが定位してくれないのです.

「研究者の予想が裏切られるということは
自然の奥深さを示していて,いつでも喜ばしいことだ」
という言葉を,かつて修士学生の頃に
ある先生からいただいたことがあります.名言ですね.
その意味で,僕は今まさに自然の奥深さに触れていて,
幸せなんだなぁ,と思いながらも,
やっぱり結果が出ないと怯えるし,焦るわけです.

そこで,急遽,こんな謎の構造物を作って,
新しい実験を開始しています.
今度は上手くいってほしいです.

スターゲートB42.jpg


posted by 針山堀太郎 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。