2011年04月22日

小笠原の新種のフナムシ

2007年に小笠原にフナムシ調査に行った際,
謎の渓流性のフナムシを採集したことを紹介しましたが,
http://hahoman.seesaa.net/article/49747341.html
この謎のフナムシ,今回,新種記載の論文が出版されました.

Ligia torrenticola
ナガレフナムシ
ナガレフナムシ.jpg

Nunomura, N., Horiguchi, H., Sasaki, T., Hironaka, M. & Hariyama, T (2011) A new species of the genus Ligia (Crustacea: Isopoda: Ligiidae) from steep streames of Chichijima and Anijima Islands of the Ogasawara Islands.(小笠原諸島父島・兄島の渓流から発見されたフナムシ属(甲殻亜門:等脚目:フナムシ科)の1新種)
富山市科学博物館研究報告, (34): 73-79.

日本の等脚目研究の権威である布村昇先生と
追加の調査と標本採集を行っていただいた
佐々木哲朗氏の努力によるものです.
心より感謝致します.

このフナムシの驚くべき点は,
写真のような渓流に生息していることです.
少なくとも本種以外,日本には渓流性のフナムシは報告されていません.
渓流でどのような生活をしてるのでしょうか?ワクワクしますね.
その生理と生態の解明を進めたいと考えています.

初寝浦.jpg
posted by 針山堀太郎 at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究室の生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。