2006年09月17日

台風近づく佐賀でフタボシ調査

フタボシツチカメムシAdomerus rotundusの繁殖を確認した!
という連絡が佐賀の後輩からはいり,
この珍しいカメムシの調査に佐賀に来ています.

フタボシ,外見はミツボシツチカメムシにそっくりですが,
繁殖期が秋のようで,春に繁殖するミツボシと異なっています.
加えて今回の調査で,卵塊構造,幼虫の初期栄養,保育行動など,
多くの点でミツボシと違いがありそうなことが確認でき,
今後の本格的な調査・実験が楽しみです.
現時点での最大の謎は,フタボシの寄主植物です.
彼らは何を餌にしているんでしょうか?

台風13号が直撃しそうな佐賀は,現在ものすごい風雨ですが,
採集したカメムシを観察しながら,にこにこ過ごしています.
フタボシツチカメムシ雌.jpg
posted by 針山堀太郎 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23895427

この記事へのトラックバック

(番外編)フタボシツチカメムシ (大分県久住高原)
Excerpt: くじゅう花公園のシソ科植物?でフタボシツチカメムシを撮影しました。 よく似たミツボシツチカメムシとの違いは、小楯板先端が白くならず黒いこと。 日本原色カメムシ図鑑ではフタボシは本州に分布すると書か..
Weblog: 宮崎の昆虫
Tracked: 2007-09-02 08:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。