2006年11月18日

ハマダンゴムシ,大きい!

先日,堀口さんが伊豆にフナムシ採集に出かけました.
実験用のフナムシも十分捕獲することができたそうですが,
その採集中にハマダンゴムシを見つけたとか.

体長5mmほどの個体は何度か見たことがあるので
それほど珍しくもないなぁという感じで,
見せてもらったのですが,
大きい!2cm以上あります.
こんな大きくなるんですか!ハマダンゴムシ!

保育社の日本海岸動物図鑑によると
日本ではハマダンゴムシの仲間は,
ハマダンゴムシTylos granuliferusの1種のみ
が確認されているということらしいので,
この個体もgranuliferus種であるようです.

背中の模様はかなり変異があるようで,
砂の上に置くと,見事に背景に溶け込んでしまいます.
写真の黒い砂の上には丸まった2個体と
歩き出した1個体が写っているのですが,
見つけることができるでしょうか?

ハマダンゴムシ.jpg
posted by 針山堀太郎 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究室の生き物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。