2009年03月06日

種子集め

浜松は最近雨続きですが,啓蟄を過ぎて,
いよいよ虫が動き出すような季節になってきました.

4月に入ればすぐに,ミツボシツチカメムシと
フタボシツチカメムシの繁殖シーズンということで,
そろそろ真剣に,研究計画を立てたり,
実験準備を始めなくてはいけません.

ということで,
実験シーズン前にやっておかなければならない重要なことの1つ,
「種子集め」を先日やってきました.

ミツボシ,フタボシ両種のカメムシともに,
シソ科オドリコソウ属の草の種子を吸汁します.
これらの植物は,ホトケノザやヒメオドリコソウなどで,
まぁどこでも生えているような植物なのですが,
種子をつける期間はそれなりに限られていて,
今がホトケノザの種子を集めるにはいい時期なんですよね.
それから室内実験の場合,何百個体も一度に飼育するので,
大量の餌が必要なんですね.

ホトケノザ種子.jpg

ということで,大学周囲の田畑を歩いて,
畦にはえているホトケノザの種子(写真)を集めてきました.

…と書くと,春の野で種をあつめる,
という牧歌的なイベントに思えますが,
必要とする量が半端でないので,それなりに重労働です.
効率よく種子を集めるために精神を集中してますので,
イライラしたり鬼のような形相だったりもします.
大学周囲で何かを集めている僕を見ても,
そっとしておいてください.


posted by 針山堀太郎 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

締め切りに追いつめられてます

締め切りのある書き物の仕事に追いつめられています.
去年も同じように,ある分担執筆の本の原稿で
かなり追いつめられたことがあったので,
「今回は早めに取りかかろう」と思っていたのですが,
この体たらくで恥ずかしいわけです.

どうも一気にバァーと書くことが苦手のようで,
こつこつ文章を書きためておかないと駄目なんでしょうか.
つらいです.

で,帰宅するころはもう深夜なのですが,
最近は帰る僕に,1匹のふさふさの黒猫が寄ってきてくれるので,
ひとしきり撫でまわしてから,帰ることにしています.
夜に黒猫なのでなにがなにやらわかりにくいのですが,
こんな感じ↓.

夜の黒猫.jpg

あぁ,こんな駄目な僕に寄って来てくれるのはお前だ…いや,
このことはあまり考えないようにします.
posted by 針山堀太郎 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

第20回生物学技術研究会

風邪気味で風邪薬を飲んだこともあって,
眠いのとダルいので,だらっとしています.

さて今週の19-20日なのですが,
自然科学研究機構岡崎コンファレンスセンターにて開催される
第20回生物学技術研究会にて
http://techdiv.nibb.ac.jp/giken/
外山さんが以下のタイトルでポスター発表されます.

アオハダトンボ成虫の未成熟個体と成熟個体における視物質発色団量と複眼構造の比較
外山 美奈、弘中 満太郎、堀口 弘子、針山 孝彦(浜松医大・生物)

もう毎年発表されているので,
外山さんは手慣れた感じで準備されています.
頑張ってきてください.
posted by 針山堀太郎 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特別忙しかったわけでは…

今日の浜松は最高気温が20℃を越えるようで,
なんだかもう春が来たような一日になりそうです.

さてこのブログ,1ヶ月ほど更新をさぼってしまいました.
特別忙しかったわけではないのですが,
行動実験と論文書きでバタバタしているうちに…
もう2月中旬というわけです.
ということで,心を入れ替えて,
また針山研究室の日常を紹介していきたいと思います.

posted by 針山堀太郎 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

2009年もよろしくお願い致します

明けましておめでとうございます.
年末年始は仙台で過ごされたという
針山先生も今週から研究室にお戻りになり,
2009年の針山研究室もいよいよスタートです.

年末,針山先生は仙台で,
師と仰ぐ先生に久しぶりにお会いになられたそうです.
その折,医大での忙しい現状を針山先生がお話になられたところ,
「やることないから研究でもするか,という環境をつくりなさい」
「少なくともそのような心根を持たなくてはいけない」
とのお言葉を,その先生からいただいたそうです.

そのような,ゆとりのある心のなかから
生まれてくる研究がある

針山先生は見開かれるような心持になったとのことでした.
この言葉を旨に,2009年も研究室一同,頑張っていきます.
本年も針山研究室をどうぞよろしくお願い致します.
posted by 針山堀太郎 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

2008年も終わりです

昨日26日に御用納めとなり,
今日は医大研究棟の中も閑散としています.

先週,19日に生物学教室の忘年会が
新都田の家庭料理「田や」で行われました.

その酒席で,「今年も色々忙しかったですねぇ」
という話が出たのですが,確かにそうなんですよね.
振り返ってみれば今年も色々なことがありました.
個人的にはスウェーデンの国際学会と,
右藤理事の退官記念祝賀会準備が強烈に印象に残っています.
どちらもとても良い経験になりました.

2009年も今年のように充実した一年にして,
針山研究室を一層盛り立てていきたいと思います.


さて,2009年の僕は,お正月から調査です.
短期間ですが南の島へカメムシの調査に出かけてきます.
今はその準備の最中です.

調査準備.jpg
posted by 針山堀太郎 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

教室の大掃除

昨日は生物学教室恒例,年末大掃除でした.

昨年は,
「1日で生物学教室のすべてのエリアを完璧に綺麗にしよう」
として,当然完遂させることが出来ずに,
イライラの募る,やや殺伐とした大掃除となったためか,
今年は,「真ん中の部屋を改造して大きなゴミを捨てよう」
という適切な大掃除目標が設定されました.
そのおかげもあってか,充実した大掃除だったのではないでしょうか.

真ん中の部屋は,
年明けに新しく来るという低温インキュベーターのために
これまであった冷蔵庫と棚が移動になり,
いまは結構すっきりしています.

2008大掃除.jpg

個人的にもカメムシの実験のために徹夜明けだったこともあって,
あまりハードな大掃除じゃなくて助かりました.
皆さん,どうもお疲れさまでした.

B1の水棲動物飼育室を大掃除できなかったのが心残りですが,
ここは例のすばしっこい黒いアレが大発生していることもあって,
まぁ別の日に本格的にやらないとダメでしょうね.
ちなみに,ちょっと様子を覗いたところ,
山濱さんの飼育しているカエルと,餌のコオロギが,
ブレーメンの音楽隊状態になってました.

カエルとコオロギ.jpg
posted by 針山堀太郎 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

北星中学校で盲斑の実習

昨日は,浜松市立北星中学校で行われた
針山先生の出張講座,「脳は何を見ることができるのか」
にティーチングアシスタントとしてお手伝いしてきました.

これは,サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト事業
と呼ばれる科学技術振興機構の事業として行われたもので,
小中高校が大学・科学館等と連携することにより,
生徒さんの科学に関する興味と知的探究心等を育成する
ことを目的としたものです.

今回は体験的・問題解決的な「講座型学習活動」ということで,
盲斑の実習を行い,眼と脳の仕組みを知ってもらう,という内容です.

針山先生の説明を聞いたり,
北星中1.jpg

班に分かれて,自分の眼の盲斑の形や大きさを調べたりします.
北星中2.jpg

中学2年生の203名の生徒さんが対象でした.
針山先生もうちのスタッフも,
中学生さんを相手に講義したことはなく,
さらに203名もの生徒さんを扱うことができるのか,
という点で,個人的には大変不安だったわけですが,
中学生の皆さんは一生懸命実習に取り組んでくれて,
また北星中の先生方,5名の医大の先生方のご協力のおかげで,
とても良いものになったのではないかと思います.
この講座を体験した北星中の生徒さんが,
科学者や医者を目指してくれたらいいのですが.

個人的には,資料作成,細かい実習の打ち合わせなど,
初期の段階からかなりお手伝いさせていただいたので,
とりあえず講座が無事に終わったことで,
昨日は疲れと安堵で昏睡してしまいました.

講座に協力していただいた皆様,ありがとうございました.
posted by 針山堀太郎 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

11月も終わって

針山先生から昨日無事にシンガポールに到着しました,
という連絡をいただき,ホッと一安心です.
先生,国際学会出張,お疲れさまでした.


さて11月ももう終わりですね.
この一ヶ月何をやっていたのか,と思い起こしてみると,
結構な時間を,生物学実習の採点と指導に費やしたような気がします.
う〜ん,なんとなくパッとしない一ヶ月でした.
12月はしっかりと実験と論文を進めたいと思います.

再び,更新頻度が低く,内容の薄いブログに戻りますが,
今後とも針山研究室ををよろしくお願いします.
posted by 針山堀太郎 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

液雨でイチョウ散る

昨晩から今朝にかけて浜松では冷たい雨が降り,
大学構内のイチョウ並木の葉が散りました.

イチョウ.jpg

昨晩の深夜,仕事を終えて帰る時に,
道に積もったイチョウの葉が夜のライトに照らされて,
あまりにも綺麗だったため少し見とれてしまい,
また,踏んでしまうのが忍びなく思えて,
歩道の真ん中で立ち止まって少し逡巡していました.

すると,大学病院からこちらの方に近づいてきた方が,
僕をみるやいなや,くるっと方向転換です.
違うんです,確かに深夜の歩道で立ち止まっている髭面の男は
怪しかったかもしれませんが,
変質者じゃありませんよ.誤解です.

さて,今日は一日,北星中学校での講義準備です.
書かなければいけない総説があるのですが,
なんにも手を付けてません.
論文も進んでないし,予備実験準備もまだ.
まずいです.
posted by 針山堀太郎 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

テロとか色々な準備とか子猫とか

インドで同時テロが起きて針山先生が心配です.
先生が出張中のパラナシとは
地理的にかなり離れているのですが,
色々と足止めをくったりしていないといいのですが.

さて今日ですが,
12月5日の北星中学校での出張講座の準備,
12月11日のトンボ研究会の準備,
1年生の学生さんへの指導,
カメムシの予備実験の準備,など,
やることが沢山ありすぎて,
いずれにも集中できずにのたのた進めています.

そんな殺伐とした日常なのですが,
キャンパスで子猫を見つけました.
母親ネコと僕は比較的良好な関係を保っていたので,
子猫にも触らせてもらえました.
ネコ有り難う.

子猫.jpg
posted by 針山堀太郎 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

定位行動の室内実験アリーナのサイズ

動物行動における目標定位の室内実験を考える際の
大きな問題の一つは,スペースです.
一般的に,動物が大型になればなるほど運動能力が高くなり,
定位行動の特徴を検出するために,
大きなスペースが必要になります.
動物を固定して定位行動を観察するシステム
(トレッドミル,フライトミルなど)
というアイデアもありますが,
これも動物が大きすぎると難しいですし,
なるべく自然状態から派生する行動学上の問題を
今は追求したいと考えているので,
室内実験でも,できれば自由運動させたいものです.

これまでは,主にベニツチカメムシという約2cmほどの
大型のカメムシの帰巣における定位行動を観察してきました.
大型であるため,色々な処理が可能でメリットも大きいのですが,
このカメムシで室内実験をする際には,
少なくとも5m四方の空間が必要で,
これを確保することが難しかったのです.

そこでもう少し小さなカメムシで
帰巣の定位行動を観察できるようトライしています.
フタボシツチカメムシなどの小型のモンツチカメムシだと,
帰巣の定位の実験アリーナは,2m四方くらいで十分です.
このくらいなら,まぁあまりスペースを取らずに実験できます.

ということで先日,
アリーナの周囲を覆って視覚目標を遮断する黒い布を,
堀口さんに買ってきていただきました.
さて,これを使って,実験アリーナ作成に取りかかります.

黒い布.jpg
posted by 針山堀太郎 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

休日の研究室

土日祝日の生物学教室ですが,
基本的に,先生方は誰も大学に来ません.かなり静かです.
時折,妹尾先生が来られたり,
山濱さんが実験動物の世話にいらっしゃるくらいでしょうか.

皆さんのお話を聞いていると,
どうやら家でもりもり仕事をされているようです.
大学教員の仕事は,実験以上に書き仕事が多いですからね.

僕も大学の学部生の頃は,アパートの机で勉強していたのですが,
最近は家で仕事をすることが,全くもって苦手になりました.
家だと気分が上手く切り替えられないんですよね.
ということで,僕だけは,
休日の研究室にちょろちょろしていることも多いです.

ですが,休日ということでなんとなく集中できず,
さして仕事がはかどらないまま休日を終えてしまって,
愕然とすることが結構あります.
posted by 針山堀太郎 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

針山先生は国際会議で出張

針山先生は,インドのパラナシで開催される
第4回アジア・オセアニア光生物学会議(AOCP)に出席のため,
http://www.bhu.ac.in/seminar/AOCP2008/AOSP%20Home.htm
この週末から海外出張です.

針山先生は,日本光生物協会の庶務幹事ということで,
なんとしてもいかなければならなかったとか.
ホタルの脳内光受容器の話を発表されるということです.
先生,気を付けていってきて下さい.

posted by 針山堀太郎 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

成績判定会議

午前中いっぱいかけて,生物学実習の成績判定会議でした.
生物学実習の成績を決定し,
レベルに達していない学生への指導方針と内容を打ち合わせて,
来年の実習の改善点を議論しました.
結構細かな作業で,気を使うんですよね.

午後は,問題学生への指導,実験器具の買い出しなど.
それからトンボ研究会での発表準備です.
これは科研の共同研究の勉強会で,
去年は滋賀の生態学研究センターで行いましたが
http://hahoman.seesaa.net/article/71659503.html
今年は,12月11日に浜松医大で開催することになりました.
参加者の皆様,どうぞよろしくお願い致します.



posted by 針山堀太郎 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

トンボの電気生理の議論長引く

針山,堀口,弘中で,15時から研究の議論です.
堀口さんが今年の初夏にとられた,
カワトンボ複眼の網膜電位図による受容器電位のデータを中心に,
その結果の解釈と今後の展開性について議論しました

カワトンボ電気生理.jpg

とりあえず今日は,カワトンボとオオカワトンボの間で,
種,性においてなにか顕著な電気生理的な差がないか議論しました.
研究結果に関する議論は,毎度のことですが結構白熱して,
時間がかかってしまいます.今日も18時過ぎまで.
まぁ,そこが研究の楽しい部分なんですけどね.

その後は,問題の学生をみっちり指導することになり,
う〜ん,今日は充実していたというか…疲れましたよ.
posted by 針山堀太郎 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

光害の論文

あぁ,ようやく生物学実習のレポート課題の採点が終わりました.
ふぅ,疲れました.
他の先生方が分担されている課題の採点も
続々と結果が出ているとのことですので,
あとは20日の成績判定会を待つというところでしょうか.

それから取りかかっていた論文の方も,
ようやく英文校閲に出せるところまできました.ふう.
針山先生,共著者の皆さん,有り難うございました.

針山研究室では生物の視覚の基礎科学研究を進めてきましたが,
少し応用的な視点を持った研究もやってみよう,
という雰囲気にも最近なってきています.
ということで,この準備中の論文は,
Ecological light pollution(生態的光害)を扱ったものです.

人間活動によって夜間の光環境が大きく変化するなかで,
様々なレベルで光の悪影響,すなわち「光害(ひかりがい)」
の問題が顕在化してきています.
光害のなかでも,野生生物に対する人工光の悪影響を
生態的光害と呼びます(Longcore and Rich 2004).
例えば,海岸に設置された外灯が,ウミガメ幼体の
海への移動を乱してしまう(McFarlane 1963),
といった問題が報告されていますが,
これが典型的な生態的光害現象です.

生態的光害の研究とは,簡単に言ってしまうと,
どんな外灯の様式が自然に優しいのか,
ということを研究する分野ですね.
人工光による野生生物の影響については
まだまだ分からないことが多いので,
取り組みがいのある分野です.
posted by 針山堀太郎 at 18:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

長谷川先生来室

昨日から,独立行政法人水産総合研究センターの
長谷川英一先生が来室されています.
先生のご専門は魚類の視覚行動生理学ということです.

今回は,針山先生,外山さんとの共同研究で,
ある魚類の網膜の電顕観察のために
来ていただいたということでした.

面白い発見があったのでしょうか?
と針山先生に伺ったところ,
魚類における新しい眼の構造の発見があったとか.
いいなぁ.
posted by 針山堀太郎 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

動物慰霊祭

ふぅ,今日もレポートの採点です.
それから論文書きですね.

あと,今日は毎年恒例の,
浜松医科大学動物慰霊祭が執り行われました.
諸事情あって,僕は式典に出席できなかったため,
夕暮れ時に一人で動物慰霊碑(写真)まで行って
お祈りしてきました.

動物慰霊碑.jpg

暗闇の慰霊碑はちょっと怖いです.
posted by 針山堀太郎 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

これから打ち上げ

あぁぁぁ,今日は忙しいです.

2時間半ほど,問題学生に教育をして,
あとは,実習レポートの採点です.
統計の部分を採点するのに3時間もかかってしまいました.
しっかり読ませてもらってます.

さらにこれから生物学実習の打ち上げ.
僕が幹事なので,気が抜けないですね.
ということで行ってきます.

posted by 針山堀太郎 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。