2008年11月10日

新しい時計

10月27日の記事で紹介したように,
http://hahoman.seesaa.net/article/108665535.html
研究室にパステルカラーの時計を提案して
完全に失敗したわけですが,
さっそく,新しい時計を注文していただきました.

いいですね.
ダークブラウンを基調としたカラーと,
適度に無機質な文字盤が,うちの研究室にぴったりです.
文字も読みやすいですし.

研究室の時計.jpg

パステルカラーの時計はそのまま815号室に移動になりました.
針山研究室にご来室の方は是非,
「あぁ,これが時計騒動を巻き起こした時計なんだなぁ」
という視点で確認してみて下さい.
posted by 針山堀太郎 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

今,何してます?

針山先生は今日から出張中.
いつもは針を突きつけられてるような緊張感がありますが
今日はなんとなくのんび…いえ,しっかり仕事してますよ.

さて,今日の午後,皆さん何をやってるんでしょうか?
僕は論文書きと12月の中学校での出張授業の準備です.
論文書きも進まないし,準備も難しいし,なんかパッとしませんね.

外山さんは,生物学実習で行ったカエルの筋肉系の
スケッチの採点をやっているそうです.
結構,ため息が出てますね.あまり成績がよくないんでしょうか.

堀口さんもカエルの骨格系の採点を行っていますが,
イライラしてきた!ということで実験機器のカタログを読んで
何か実験の準備をしています.何にイライラされたんでしょうか.

山濱さんは論文を書いているということです.
カイコの論文でしょうか.
それからカエルの視覚定位の行動実験について
実験計画を練っているとのことでした..

さて,あとは妹尾先生.
今,何やってますか〜?と気軽に聞いてみたところ,
「明日の授業の小テスト作成なんだよ!必死だよ!」
というややナーバスなお返事が.
追いつめられてたんですね.すみません.



posted by 針山堀太郎 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

実習レポート締め切り

教室スタッフの皆さんで,今日は
インフルエンザワクチンの予防接種を受けました.
やれやれ,これで今年もあまりインフルに怯えなくてすみます.

さて,今日は生物学実習の
「動物の交互転向反応」の実験のレポート提出日です.

レポート.jpg

100名近くの学生さんのレポートを読んで採点します.
この「動物の交互転向反応」の実習では,
自ら仮説を立てて,それをオリジナルの方法で検証し,
論文形式でレポートを作成することを求めているので,
採点する側も内容を把握するのが結構大変なんですよね.

2週間後に生物学実習の成績判定会議があるため,
それまでにきちんとやります.頑張ります.

午後は,学生さんをどう教育するのか,
実習の成績をどのように付けるのか,
ということをスタッフの先生方で少し打ち合わせをしました.
ミスをおかしたり,失敗したりした時に,
自分の立場を客観的に判断できなかったり,
適切な言葉や態度で主張を示すことができなかったりする,
そういった学生さんが多いので,
その点も教育の重点課題になりそうです.難しい.

posted by 針山堀太郎 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

研究室の机配置

生物学教室の部屋の一つである826教室には,
山濱さん,堀口さん,外山さん,弘中,汪さんの机があります.

かつては,模様替えと称する行為によって,
プレートテクトニクス?と思うくらい,
僕の机は教室内を流動していたのですが,
ここ何年もほとんど移動がなくてホッとしてます.
(ただ,このブログの記事がマントルの活動を
活発化させないといいのですが…)

針山先生は隣の828教室に,妹尾先生は815教室の奥に
机をもってらっしゃいます.

針山先生はこの826教室には,午前中は滅多に顔を出されず,
険しい顔で居室で仕事をされていることがほとんどですが,
今日はニコニコして顔を出されました.
先週金曜日の英国大使館での講演の様子をお話ししたかった様子.
色々とフナムシの研究を売り込んでいただけたようで,
先生,有り難うございました.
posted by 針山堀太郎 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

医大祭

昨日今日と,浜松医大では医大祭が開催されてます.
今年は第33回の医大祭ということです.

メインステージは研究棟前に設置され,
模擬店が出店されててこんな感じ↓

学祭.jpg

単科大学ということで,学生数が少なく,
模擬店も10店ほどでしょうか,なんだか寂しい感じですね.
他大学ですがかつては僕も大学祭の運営にのめり込んだことがあり,
かなりの数の模擬店を取り仕切って学祭にこぎつけ,
恐ろしいほど充実したりしたことがあるので,
その意味では,ここの学生さんはちょっと可哀相な気もします.

でも,きっと楽しいだろうなぁ.
懐かしい感じがします.
posted by 針山堀太郎 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

11月期間限定で

さて,2006年の1月から始まったこのブログですが,
浜松医大の針山研究室というのはどんなところなのかを,
Webでもうちょい紹介してしていこう,
皆さんに研究室を理解していただこう,
という目的ではじめたわけです.

ですが,3年近くが経過した今でも,
なんだかわかっていただけたような,そうでもないような….
だらだらとしたブログですみません.
そこでもう少し,研究室のリアルに切り込んだ日常を
11月は紹介しようと思います.

ここの研究室の人達は,平日何をやってるのか?
という,まぁあまりビビッドではない部分を淡々と
(毎日とはいきませんが頻度高く)紹介しようかなと思います.
11月は実習も終わり,野外調査もオフシーズンで,
ちょっと時間的余裕がありますしね.
posted by 針山堀太郎 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

パステルカラーの時計

お早うございます.
ちょっと急ぎの仕事があって悪戦苦闘していたところ,
ふぅ〜,空が白んできてしまいました.
僕はなんでこんなに仕事の処理が遅いんだろう
という自己嫌悪と恐ろしく眠いので,鬱っときてます.

さて,そろそろお風呂に入りに一度帰ろうかな,
今,何時だろう,と研究室で時計を見たところ違和感が….
新しい時計に変わったんですね,研究室の時計が.
先週,これまでの時計が落下してバラバラに壊れてしまい,
急遽,新しい時計を買ってきていただきました.
堀口さん,有り難うございます.

最近,何故なのか自分でも良くわからないのですが,
壁掛け時計に関して明確な好みを自覚していて,それは,
「背景はパステルグリーンかパステルオレンジで,
文字は白抜き,背景に装飾は不要」
という極めて具体的なものです.
で,そんなやつがいい,とねだったわけですが,
全くピッタリ好みに合う時計を買ってきていただいて,
見た瞬間は,かなり満足したわけです.

時計.jpg

しかし,研究室の壁が白く,文字が読みにくいことや,
研究室の雰囲気(システマチックというかやや殺伐としてます)
に全くそぐわない感じということで,僕も堀口さんも,
「これは失敗だ…」ということで意見の一致をみました.

インテリアって難しいですね….
研究室の他の皆さん,申し訳ありませんでした.
posted by 針山堀太郎 at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

タマムシじゃなかった…

最近,浜松医大の研究棟は耐震補強のための工事の真っ最中です.
その工事のためにキャンパスの木々が少し切られ,
いつもなら観察できないような生き物が
ちょろちょろ出てきているようです.

昨日は超微形態の熊切さんを通じて,
タマムシっぽい甲虫の幼虫を届けていただきました.
熊切さん,有り難うございました.
タマムシなら蛹化させて,構造色の生まれる瞬間を観察できるね!
ということで針山先生と皆さん(僕以外)で盛り上がったのですが,

幼虫.jpg

でも…なんかヤマトタマムシの幼虫と違う.
ひとしきり議論になったのですが,
どうやらカミキリムシの幼虫のようですね.
かなり大型なのでシロスジカミキリあたりでしょうか.

あぁいずれにしても,この手の芋虫系は,
僕は生理的に苦手なジャンル.
早く逃がしていただけると助かるのですが.

posted by 針山堀太郎 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

今日は唾腺染色体と色素胞の観察

科研費の申請でなんだか慌ただしい生物学教室ですが,
実習も容赦なくどんどん進んでいきます.
針山先生を含めて皆さん,体壊し気味ですね.
今年の実習主任の堀口さん,お疲れさまです.

今日は,ユスリカの唾腺染色体とメダカの色素胞の観察でした.

さて生物学実習では毎回,実習の終わりに
学生さん個々に口頭試問を課しています.
実習が終わった学生さんは,実習内容に関する質問を受け,
正答しなければ,終了させてもらえないわけです.
今日は,唾腺染色体について中心に質問を出したのですが,
何名か,研究史的背景から染色体の特徴まで
細部までよく勉強して記憶してきた学生さんがいて,
う〜ん,いいね.嬉しくなりました.
その調子で頑張ってほしいと思います.

あと,個人的に面白かったのは,
スケッチのタイトルで,
「ユスリカ」を「ユリスカ」と書いていた学生さん.
なんか微笑ましい気分になりました.

ユスリカ.jpg
posted by 針山堀太郎 at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

昆虫ミメティックス,出た

先週,パソコンのハードディスクが壊れて,
講演直前だったため,恐ろしい目に遭いました.
バックアップ,大切ですね.
ようやくパソコン環境も復旧しつつあります.

さて,先日,巨大な本が届きました.

Advanced Biomimetics Series3
昆虫ミメティックス〜昆虫の設計に学ぶ〜
下澤楯夫,針山孝彦監修
NTS出版
ISBN978-4-86043-197-6

昆虫ミメティックス.jpg

100名を超す日本人研究者と50名近い欧米の研究者が執筆者となり,
950頁にわたって昆虫の素晴らしい能力とその応用について,
最新の研究が紹介されています.

個人的には,↓ここらあたりは熟読しないといけません.
楽しみです.

偏光視の中枢メカニズムと太陽コンパスを使った定位行動
(Uwe Homberg/Keran Pfeiffer/Stanley Heinze/木下充代)
薄暗い環境での昆虫の視覚:眼の設計と信号増幅
(Eric J. Warrant)
社会性膜翅目の高度な視覚学習
(Martin Giurfa)
スカイマークとランドマークによる視覚ナビゲーション:アリとアリ型ロボット
(Rüdiger Wehner)


この本の監修のため,針山先生は1年半,
かかりきりだったわけですが,本当にお疲れさまでした.

気軽に買える値段ではありませんが(56,700円!),
是非,大学の図書館等で,読んでいただきたいと思います.

posted by 針山堀太郎 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

今年も実習開始!

10月です.あぁ,時間が流れるのは早いですね.
古くから,月日は百代の過客のようで,
行きかう年もまた旅人のようなもの(松尾,1702)
と言われていることを実感しています.

さて,10月は生物学教室は忙しいのです.
科研費申請やら学会やら例年バタバタするわけですが,
なにより教室における最大イベント
「生物学実習」があるからです.

ということで,早速昨日からカエルの解剖を行いました.
実習初日にはスタッフの皆さんは白衣の下に
カエルのTシャツを着てくることになってるんですね……
?!ってそんな風習ありましたっけ???
僕は聞いてないですよ!

僕が聞き流したのかなぁ?いじめなのかなぁ?
どちらにせよ,なんだか怖くて確認できませんが,
1ヶ月間,実習頑張ります.

08実習開始.jpg


posted by 針山堀太郎 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

動物学会お疲れさまでした

先週末に福岡大学で開催された,
日本動物学会第79回大会から帰ってきました.
教室の皆さん,お疲れさまでした.

今回の大会では,
新しい研究ネタを発表された外山さんと山濱さんの発表が
特に好評だったようで,良かったです.
ちなみに僕のポスター発表は,まぁなんといいますか,
人気があったというわけでもなく,「普通」でした.
発展性がすごくある,
という内容じゃなかったので…仕方ありませんね.
次は皆さんを仰け反らせるような発表をしたいと思います.

いつも学会では僕は緊張してしまい,
ポワーンと緊張したままに学会が過ぎていってしまう,
ということがほとんどなのですが
今回の学会では肩肘を張ることなく,
色々と素直に勉強することができて充実した学会になりました.
参加して良かった!

さて,宿泊のビジネスホテルを
天神の近くにとってあったこともあって,
夜は中州へ皆さんで繰り出しました.
屋台のラーメン,美味しかったのですが,
熱帯夜に屋台でラーメンは,ちょっと暑かったですよね.

屋台.jpg

posted by 針山堀太郎 at 16:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

日本動物学会第79回大会にみんなで行く

9月5日から7日までの日程で,福岡大学にて
日本動物学会第79回大会が開催されます.

生物学教室では,スタッフ全員が発表するため,
スライド作成やポスター作成で皆さん忙しそうです.

発表者と発表タイトルは以下です.

●口頭発表
・針山孝彦ほか
「アオハダトンボ成虫の構造色の役割―未成熟から成熟個体にかけての翅の色と行動―」
・外山美奈ほか
「アオハダトンボ成虫の視物質発色団量と複眼構造は未成熟から成熟個体にかけて変化する」
・山濱由美ほか
「カエル網膜の背側後方域に位置する視細胞配向の特異部位」
・妹尾圭司ほか
「二量体化により脂質ラフトに移行したロドプシンがトランスデューシンを活性化する」

●ポスター
・堀口弘子ほか
「小笠原諸島と本州に生息するフナムシ類―陸棲および海岸棲フナムシ類の比較」
・弘中満太郎ほか
「遠くに営巣したカメムシはナビゲーションが上手い―営巣位置と定位能力の相関−」

しっかり勉強してくることにします.
posted by 針山堀太郎 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

サマーサイエンスキャンプ

28日から30日までの3日間,
針山研究室ではサマーサイエンスキャンプを開催しました.
この企画は,科学技術振興機構が主催する
高校生のための科学体験プログラムです.

かなり本格的な実験を行う関係上,
12名の定員で実施することになったのですが,
全国各地から沢山の応募があったということです.
そのなかから,北は青森県,南は宮崎県までの
12名の高校生さん達に参加していただきました.

高校生さん達は2泊3日,浜松医大の宿泊・研修施設で合宿し,
4名ずつの3つのグループに分かれて,
カエルの眼を形態学的,生化学的,電気生理学的に調べました.
針山教授をはじめとする6名のスタッフと
6名の医学部の大学生さん達に教えてもらいながら
専門的で,かつまだ答えのない最先端の問題に取り組んだ
わけですが,楽しかったでしょうか.
よく勉強して疲れたと思いますが,
参加して良かったと思ってもらえたら嬉しいです.

今回,サマーサイエンスキャンプを開催するにあたって,
色々な部分でサポートしていただきました
サイエンスキャンプ事務局の新元さんに感謝致します.

また,「ガキ大将」として手伝っていただいた,
大学生さん達に感謝致します.

皆さん,お疲れさまでした.

SSC.jpg

posted by 針山堀太郎 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

研究室の窓から花火が見えます

夏,真っ盛りです.浜松も大変暑いです.
でもいつも思うのですが,僕は
夏は暑ければより暑い方が良いような気がします.
季節に限らず,何か物事は激しければ激しいほど,
その終わりが情緒深いものになるような気がするからでしょうか.

さて,浜松医科大学は浜松駅からおよそ10キロほど北に位置し,
三方原台地と呼ばれる台地の縁に存在します.
針山研究室のある研究棟の建物は,
地上9階建てのかなり高さのある建物で
(+部分的地下5階建てというやや複雑な構造です)
8階に位置する針山研究室の南側の部屋からは,
眼下に浜松駅方面の街を一望することができます.

浜松では地区のような単位の小さなまとまりで,
花火大会を開催することが多いようです.
そのため7月下旬あたりから毎週末,必ずといっていいほど
花火を挙げる音が聞こえてきます.

研究室の窓からはその花火大会を眺めることができます.
日程が重なったのか,何年か前には,
3つの地点から花火があがっているのを見ることができました.
今日は,2つの花火大会を窓から眺めることができました.
そんな浜松の夏を気に入っています.

花火.jpg
posted by 針山堀太郎 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

ちょっと忙しかったので… すみません

1ヶ月半ほどもこのブログ,放置してしまいました.
すみません.

6月下旬から7月上旬,ベニツチの実験の最盛期

7月中旬,佐賀からの引き上げ

7月下旬,本の執筆,学会準備

8月上旬,国際学会

というような流れで,
こう書いてみると,なんだかさして忙しそうではないのですが,
なんとなくバタバタしてしまい,
更新することを怠ってしまったわけです.
一昨日にスウェーデンから帰国し,一段落ということで,
ブログをまめに更新していきたいと思います.

ちなみに,ドームテントを使った
今年のベニツチのナビゲーション実験ですが,
なかなか結果が出ずに本当に苦しみました.
新しい実験系は,怖いですね.
手伝ってくれた稲富君と松永さん,本当にありがとう.

ドームテント実験を終えて.jpg
posted by 針山堀太郎 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

生物学教室スタッフの自己紹介

私達の所属の正式名称は,
浜松医科大学医学部総合人間科学講座生物学部門と言います.
生物学部門(=生物学教室)には,
教授1名,准教授1名,教務員2名,技術補佐員1名の常勤スタッフがおり,
あと,特任研究員など非常勤のスタッフが
ちょろちょろしたりしています.

何を考えて,何をやっているのか,ということを
皆さんに簡単に自己紹介として書いていただきました.
http://www2.hama-med.ac.jp/w1d/biology/index.html
興味のある方は読んでみてください.
posted by 針山堀太郎 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

Jacobs Universityから

ドイツのJacobs Universityの2年生の瀬崎真衣子さんが
6月2日から針山研究室に来ています.
Victor Benno Meyer-Rochow教授の学生さんです.

先日,1ヶ月ぶりに研究室に戻った僕は,
彼女と鉢合わせして,しどろもどろしちゃいました.
まぁ,髭面で髪ボサボサの僕に彼女も驚いたと思うんですが….
ちなみに名前を覚えるのが苦手な僕は
早速,「瀬川さん,瀬川さん」と連呼して
きっちり本人から訂正される問題も引き起こしたりしてみました.
ごめんなさい.

現在は,超微形態研究室で
透過及び走査電顕の技術を学んでいるということです.
今は練習でラットの肝臓を切っているようですが,
最終的には昆虫の眼を切ったりするのかな?
昆虫はクチクラが堅くて難しいんですよね.
7月14日まで勉強されるということです.
針山研究室を楽しんでいってください.

瀬崎さん.jpg
posted by 針山堀太郎 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

サマーサイエンスキャンプ

ここ1週間ほどは,調査で遠征したり,浜松に戻ったりで,
なんだかバタバタしてました.今は,佐賀にいます.

浜松医大に昨日1ヶ月ぶりに帰ってみたわけですが,
皆さん,色々とお忙しそうで,なんだか申し訳ない気分です.
おそらく,この夏休みに行う予定の
「サマーサイエンスキャンプ」が一因ではないか
と思っているのですが,どうなんでしょうか.

浜松医科大学の生物学教室では,今年,
日本科学技術振興財団が企画する
「高校生のための先進的科学技術体験合宿プログラム」
に参加しており,
「生物が見る世界〜いくつもの目といくつもの世界〜」と題して,
カエルの視覚を中心にした生物学の体験実習を開催します.
8月28日〜30日の2泊3日で,
カエルの眼を様々な角度から分析して,
高校生の皆さんと一緒に,科学を楽しむ方法を
知ったり考えたりしてみよう,という企画です.

昨年,生物学教室で開催した
科学技術者育成セミナーScience & Technology Camp 2007
と良く似たスケジュールになっているので,
雰囲気は多分,今年もこんな感じでしょうか.
http://hahoman.seesaa.net/article/50258526.html

この実習の詳細な内容は,サイエンスキャンプのHPで
http://ppd.jsf.or.jp/camp/index.html
募集要項をダウンロードして読んでみてください.
面白そうだな,と思った高校生の方がいれば,
是非,参加申込書で応募してください.
6月25日必着ですので,お早めに.

全国の高校生の皆さんとお会いできることを
スタッフ一同,楽しみにしています.
posted by 針山堀太郎 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

テントを覆う布を縫ってもらう

巨大ドームテントを使ったカメムシの定位実験ですが,
実験には幾つかの解決しなければならない問題があり,
その一つが,
「テントを覆う黒い布のカバーシートをどうつくるか」
というものです.

屋外の人工光を遮断するために必要なわけですが,
ドームテントが巨大なだけに,
必要となるシートのサイズも半端ないわけです.
布を繋ぎあわせるしかないな,ということで,
1m幅の黒い布を53mも購入してしまいました.

で,布を縫って,シート状にしなければならないわけですが,
まぁ手縫いで地道にやればいいかな…
などと考えていたわけです.安易ですね.
恐ろしい長さを縫わなければいけないことに
すぐに気づき,慄然としていたところ,
去年卒業し,地元に就職した研究室の後輩の松永さんが,
ミシンで縫ってくれる,ということでお願いしてしまいました.
松永,本当にありがとうね.

松永とミシン凄いです.
どんどん縫えて,仕上がり綺麗で,しかも丈夫.
これで布の問題は解決です.
あとは実験をするばかり…あぁ…いえ,
まだ結構な数の問題が残ってました.準備頑張ります.

布を縫う.jpg
posted by 針山堀太郎 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。