2011年07月10日

机の上でベニツチカメムシに給餌させる

浜松も梅雨が空けました.
野外ではベニツチカメムシの給餌もそろそろ終りの時期です.

このベニツチカメムシの魅力の1つは,
他の社会性昆虫に勝るとも劣らない,
母親の献身的な子育て行動です.

上手に飼育してやると,その子育て行動を
室内でも本当に見事に見せてくれます.
その意味で,愛玩動物のように飼える昆虫だなぁ,
と常々感じていて,最近,ある書き物のなかで,
「ペット的な楽しみ方できる虫である」
というようなことを書いたのですが,
それはちょっと言い過ぎなんじゃないの・・・
と言われてしまったので,
こんな感じなんです,という映像を撮影してみました.



映像は8倍速で再生していますので,
ちょっとセカセカした感じになってます.

このブログで初めて映像をアップしたので,
これが上手に再生できているのか不安なのですが,
映像内容は,下の写真のような人工巣からカメムシが出て行って,
文献の横を歩いてパソコン横の餌場にたどり着き,
幼虫の餌の種子をとって,巣へ帰っていくという映像なんですね.
人工巣の中の大きな個体が母親で,小さなオレンジの粒が幼虫.
肌色の丸いものが餌の種子で,
すべて母親が餌場から自分で運んだものです.

人工巣.jpg
デスク上での採餌.jpg


どうでしょう,ペットみたいでしょう?
個体差があって,ちょっとした物音に怯えて
PCを打っていると,巣から出てこない個体もいますが,
大胆な個体は,すぐ横でどんどん給餌してくれます.
餌さえ豊富に与えておけば,巣と餌場を往復するだけで,
逃げていなくなってしまうこともほとんどありません.
ミツバチみたいに飼育が大掛かりにならないし,
アリのようにそこかしこを歩き回ったりしないので,
扱いやすくて可愛いのです.

ふ〜む,15年かけてようやく
ここまで飼育できるようになってきました!
これは良い虫です.

posted by 針山堀太郎 at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

マダラ調査の持ち物

さて,奥日光へのマダラツチカメムシ調査ですが,
もう10回目ということもあって,様子はだいぶ分っています.
調査準備も,さらさらっとできます.
今回はあまり複雑な調査ではなく,主な目的は,
繁殖しているカメムシとハルニレ完熟種子の採集です.
繁殖場所を探して,おそらく雨の中,
広範囲を10時間くらい歩くため,
なるべく持ち物は軽装で.こんな感じです.

マダラ調査持ち物.jpg

プラスチック丸ケース2個,小カップ2個,脱脂綿4枚,キムワイプ10枚,眼科鋏1つ,ピンセット1本,薬さじ1本,軍手1組,温度湿度計1個,地図などの資料,野帳と筆記用具,レジャーシート1枚,デジカメ1個

マダラツチカメムシは繁殖に入る年と入らない年があるようで,
研究材料としてはとても扱いが難しい虫なのですが,
栄養卵がほとんど見られないなど,
ちょっと気になる部分があって,諦めきれない!
今年は現地のハルニレの様子を観察してくれた研究者からの情報では,
ハルニレの種子も結構ついているようです.
沢山の個体が繁殖に入っていますように・・・.

posted by 針山堀太郎 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

孵化の観察

あぁ,暑い.ここ数日は浜松もとても暑いです.
そんななか,ベニツチカメムシの孵化の様子を観察してまして,
ようやく,なんとか観察を終えることが出来ました.

孵化の瞬間を観察するだけなら,ビデオを回しっ放しで良いのですが,
孵化する瞬間に処理をする実験なので,
24時間張り付いていないといけないので大変です.
しかも,今日か明日くらいだろうな,
といった程度の孵化日の予想はつくのですが,
時間帯までは分らないので,全く気が抜けません.
ちょっとトイレに行っていたり,仮眠していたりした時に,
あっさり孵化してしまい,ショックを受けたりします.
上手に孵化させることができると,
こんな感じで幼虫が団子状になって,可愛いです.

ベニツチカメムシ1齢幼虫.jpg


さて,次はマダラツチカメムシ.
日光に調査に出かけます.

posted by 針山堀太郎 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

定位の研究してます

全然,更新されてないけど,ちゃんと仕事してるの?
という声が聞こえてきそうな気がしますが,
針山研究室の皆さん,お仕事頑張っておられます.
いよいよ生き物のシーズンに入ったこともあって,
一層バタバタしてきました.

僕も忙しい日々を送らせていただいてます.
1つは科研費の研究なのですが,フタボシツチカメムシ
という小さな昆虫のナビゲーション行動をモデルに,
「昆虫の点光源コンパスの不安定性とその補償としての並行処理」
という研究を進めています.

11フタボシツチカメムシ.jpg

この研究ですが,核になるデータが取れましたので,
日本動物心理学会・日本動物行動学会・応用動物学会・家畜管理学会の
四学会合同大会「Animal 2011」にて発表する予定です.
http://www.saitama-med.ac.jp/medlinks/animal2011/index.html

コンパス情報の並行処理という動物の未知の定位能力を紹介します.
機会があれば,聞きにきていただけると嬉しいです.



posted by 針山堀太郎 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

今年もブラックボックスが出現

ハイ,今年も出ました!ブラックボックスです.

10箱形アリーナ.jpg

この梅雨の季節,毎年のように1-2週間ほど出現する
謎の構造物なわけですが,カメムシのナビ実験のための
アリーナなんですね.

3×3×2mという結構なサイズなので,
建てるのにかなりの時間がかかります.
コツコツ準備して,昨日ようやく建ちました.
あらためてこの実験が面倒なことをひしひし感じています.
それから昨日今日と佐賀は猛烈な雨.
大雨洪水警報の中,ずぶ濡れになってカメムシを追ってます.
雨に打たれながらの仕事は疲れが倍増するような気が….
体がだる〜い.
でもこれから実験は佳境に入ります.頑張ろう.
posted by 針山堀太郎 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

謎の構造物とチャバネアオカメムシ

5月に入ってチャバネアオカメムシが
活発に飛翔するようになってきました.

10チャバネ1.jpg

ということで,チャバネアオカメムシの走光性の実験を
忙しく進めています.

今年の研究のストーリー,研究計画,そしてその準備は,
今年に入って長い時間をかけて練り上げて,
その上で2月と3月に針山先生,山濱さんと何度も議論をして,
4月の段階で完璧に仕上がっていました.
で,あとは5月に予想される行動データを取るだけ,
のつもりだったのですが…

全く予想外の結果が出て,慌てています.
絶対定位してくれると思った条件で,
カメムシが定位してくれないのです.

「研究者の予想が裏切られるということは
自然の奥深さを示していて,いつでも喜ばしいことだ」
という言葉を,かつて修士学生の頃に
ある先生からいただいたことがあります.名言ですね.
その意味で,僕は今まさに自然の奥深さに触れていて,
幸せなんだなぁ,と思いながらも,
やっぱり結果が出ないと怯えるし,焦るわけです.

そこで,急遽,こんな謎の構造物を作って,
新しい実験を開始しています.
今度は上手くいってほしいです.

スターゲートB42.jpg


posted by 針山堀太郎 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

マダラツチカメムシはハルニレの種子を運ぶ

日本産のモンツチカメムシ亜科には,
4つの種が報告されています.

 フタボシツチカメムシ Adomerus rotundus
 ミツボシツチカメムシ Adomerus triguttulus
 マダラツチカメムシ Adomerus variegatus
 シロヘリツチカメムシ Canthophorus niveimarginatus

これら4種のなかで,
繁殖生態が最後まで謎だったマダラツチカメムシの
繁殖行動の一端を明らかにした論文を,今年,
共同研究者の向井さんが中心となって出すことができました.

Mukai et al. (2010)
Maternal-Care Behaviour in Adomerus variegatus (Hemiptera: Cydnidae).
The Canadian Entomologist 142(1):52-56

マダラツチカメムシ1.jpg
(雌親にまとわりつく幼虫)

本種の雌親が地表に巣を造り,
巣の幼虫にハルニレの種子を給餌する
という極簡単な行動記載論文なのですが,
とても思い入れの強い論文になりました.

このカメムシ,4年ほど前から生態調査を進めていたのですが,
・ハルニレ種子を食べるらしいこと以外,生態が全く未知だったこと
・給餌行動が強く予想される分類群に属しているにも関わらず
ハルニレの種子がカメムシよりも大きく運搬できなさそうなこと
・繁殖に入る個体数の年次変動が非常に大きかったこと
・調査場所が奥日光というアクセスが大変悪い場所であること
・奥日光には温泉やら紅葉やら誘惑が多かったこと
などの要素が絡み合って,
ゆっくりと1つずつ謎解きをしていくような
研究の面白さを体験することができました.

その間,様々な方にお世話になりましたが,
特に現地を案内していただき
貴重な生態情報をお教えいただいたMさんには
心から感謝しております.有り難うございました.

マダラツチカメムシ2.jpg
(ハルニレの落果を口吻に付けて引きずるように持ち帰る雌親)

フタボシの給餌論文はまだ出ていませんが,
これで,本邦のモンツチカメムシ亜科のすべての種が
給餌を行うことを確かめることができました.
大学3年生の頃だったと思いますが,
「モンツチ全種の繁殖行動を調べてみよう!」と思い立ち,
それから15年が過ぎてしまいましたが,なんだか幸せです.
posted by 針山堀太郎 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

カメムシが塩ビパイプに穴を?

ヤマハ株式会社のある工場の架空塩ビ配管から
原因不明な薬液の漏洩が起こっており,
それが昆虫によるものではないか,
との相談を3年ほど前から針山先生と受けていました.

その結果,幾つかの状況証拠から薬液漏洩は
カメムシの穴あけによるものである可能性が高まったとして,
ヤマハさんが最近,簡単な論文を雑誌に投稿され,
掲載された,とのご報告をいただきました.

山本浩三,大地清和(2009)
薬液漏洩トラブルを引き起こす要因としてのカメムシの配管穴あけ行動
環境管理 45: 1057-1060

環境管理1.jpg

まだ,カメムシである,との断定はできていませんが,
この現象,結構面白いと思います.
謎の現象を解明していくことに,研究者って弱いんですよね.
できれば,もうちょっと突っ込んで,
そのメカニズムを解明したいところなんですが.
カメムシならば,なぜ硫酸等を流している塩ビ管に穴をあけたのか,
その至近要因をとりあえず明らかにしたい所です.
posted by 針山堀太郎 at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

チャバネアオカメムシの飛翔

佐賀に実験に来ています.
佐賀では桜の種子もそろそろ充実してきた頃ですが,
その実を吸汁しに来たのであろうチャバネアオカメムシが
桜の木でかなり採集できるようになってきました.

ということで,チャバネの行動実験を本格的に開始しています.
とりあえず,屋外ケージで飛翔させて定位方向を調べたり,
室内で離陸時の定位姿勢を撮影して,
頭部の保持角度を調べたりしようと思っています.

定位姿勢の撮影の練習として,
カメムシの飛翔直前の姿を撮影してみたのですが,
このカメムシ,ものすごく素早くて撮影が難しいです.
あぁ,ちょっと手間がかかりそうです.

チャバネ離陸.jpg
posted by 針山堀太郎 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

チャバネアオカメムシを集める

害虫の光を使った防除に関する研究を
本年度から開始することになり,
材料とする果樹害虫のチャバネアオカメムシを
採集して,予備実験を行っています.

これまで扱ったことのないカメムシなので,
どう採集していいのか,どう飼育したらいいのか,
サンプリングや実験設定はどのようにしたらいいのか,
などなど,かなり基本的なことから分からないわけです.
僕は農学部の害虫研究室出身ですので,
研究室を出て農試に勤められている先輩方に
色々と助けていただいて,
よろよろと研究をスタートさせています.

とりあえず,実態顕微鏡下で複眼を観察してみたのですが,
まぁ他のカメムシとさほど大きく変わらないような外見です.
チャバネ複眼背面.jpg

でも,このカメムシには非常に強力な走光性
(光に向かって移動する行動)
がみられます.
なにかすごい秘密がありそうです.
研究の進展がこれから楽しみです.
posted by 針山堀太郎 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

実験材料としてのフタボシツチカメムシ

11月はほとんど実験や論文書きをやることなく
なんとなく過ごしてしまったため,
これではいけない!と克己して,
最近は室内行動実験に集中しています.

動物がどの方向に移動するのか?
なぜその方向に移動できるのか?
という「定位・ナビゲーション」と呼ばれる問題を
研究テーマの1つにしています.

で,11月26日にも書きましたが,
http://hahoman.seesaa.net/article/110218742.html
これまでは,ベニツチカメムシという昆虫を
定位行動実験の材料としてきました.
雌親が巣を作って子供に餌の種子を運んでやるという
面白い生態を持つカメムシです.
餌を見つけた後,どうやって自分の巣の方向に帰るのか
という問題を研究してきました.

ところが,この昆虫はかなり大型で,雌が一生に1回しか産卵せず,
さらに繁殖時期が極めて限定されていて,累代飼育が大変困難,
と,室内実験に本当に向いていないわけです.

そこで新しい材料として,
フタボシツチカメムシAdomerus rotundus
という近縁種を室内実験の材料にできないか,
本格的に試している最中ですが,
なかなか上手くいきそうな感じになってきました.
写真は,種子を運搬してきたフタボシの雌親と2齢くらいの幼虫です.

フタボシ給餌.jpg

このカメムシの実験材料としての良い点は,
・体長5mmほどで採餌範囲が狭いため実験スペースが小さくてすむ
・複数回繁殖で簡単に累代飼育できるためいつでも実験可能
・給餌が活発で一日あたり数十個の種子を運搬してくれる
・室内でも問題なく正確な視覚定位をみせてくれる
という点です.

もちろん困った点もあり,
・分布が極めて局所的
・複眼を覆うなど様々な実験処理が小型のため行いにくい
・複数回繁殖のためか比較的簡単に子供を放棄してしまう
などですが,これらの問題点を考慮してもなお,
メリットが大きいですね.

LED光源下で上手く給餌できているので,
これから本格的に実験を開始しようと思います.

posted by 針山堀太郎 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

カメムシの個眼数を数える

最近は,何種類かのカメムシの複眼の個眼の数を
コツコツと数えています.
昆虫を含めた節足動物の主要な光受容器である複眼は,
個眼(こがん)と呼ばれる小さな眼が集合して構成されています.
複眼を拡大すると,ポツポツとした細かな個眼が見えるはずです.

ベニツチカメムシの1つの複眼の個眼数は370個ほどですが,
今回数えた,チャバネアオカメムシ(オス)では,
670個ほどの個眼が確認されました.
あぁ,この程度ならなんとか数えることができます.
ちなみに,昆虫において最も個眼数が多いのは,
トンボのおよそ28000個と言われています(Sherk 1978).
これを数えたくはないですね….

個眼の個数は空間分解能(視力)と密接な関係があり,
一般的に個眼数が多ければ多いほど
空間分解能が高いと考えることができます.
そのような意味では,チャバネアオカメムシの方が,
ベニツチカメムシより目が良いと言えそうですね.

チャバネオス.jpg
posted by 針山堀太郎 at 14:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

少し遅れ気味のような

佐賀のベニツチカメムシは,
そろそろ交尾シーズンも終わりです.
気温の関係か,今年は少し交尾時期が遅れ気味のような.
この週末,オス達は最後の力を振り絞って飛び回り,
交尾を試みていました.もうよろよろの個体が多いです.

研究室の後輩は,交尾時期にオスが発音している音を
録音して解析しようとしてます.
ベニツチカメムシを含めて,亜社会性ツチカメムシ類では
交尾行動はまだほとんど観察・実験が進んでいないので,
面白い現象が沢山ありそう.
高比良,頑張れ.

ベニツチオス.jpg
posted by 針山堀太郎 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

巨大ドームテントが来た!

一昨年,明らかになったことなのですが,
ベニツチカメムシは夜の森で巣へ帰るときに,
周囲を覆う木々の林冠(キャノピー)から方向情報を得ています.
Hironaka et al. 2008
Canopy compass in nocturnal homing of the subsocial shield bug, Parastrachia japonensis (Heteroptera: Parastrachiidae)
Naturwissenschaften, 95: 343-346

しかし,森の中の林冠はとても複雑です.
いろいろと考えているうちに,
カメムシは林冠の全体のパターンから方向情報を得ているのか?
あるいはある特定部分から選択的に方向情報を得ているのか?
という疑問が生まれてきました.

そこでこの問題を明らかにする実験を今年は考えています.
本日,その実験で使用予定の巨大ドームテントが届きました.
モンベルのヘリオスドーム12型です.
ヘリオスドーム1.jpg
直径が4m以上,高さが3m近くあるテントです.
総重量が28kgもありますが,値段も30万弱とすごいです.
このテントのシートを切り刻んでプラネタリウムのようにし,
その中で,カメムシを歩かせてしまおう,という実験なのですが,
なんだか今,書いていて怖くなってきました.
失敗したらどうしよう….

い,いや,大丈夫だと思います.結構練り込んだ実験ですし.
頑張ります.

posted by 針山堀太郎 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

繁殖は近い

今年も5月から,佐賀でカメムシの野外実験を開始します.
そこでベニツチカメムシの予備調査のため,
そして5月から住むアパートを探すため,
週末,佐賀に行ってきました.

幾つかの山をまわったのですが,
去年のボロボロノキの結実が非常に少なかったからか,
わずかしかカメムシの集団を見つけることができませんでした.
また見つけた集団はいずれも小さく,
これまで経験したことのないような状態です.
実験等が十分できるかどうか,う〜ん多少不安です.
ボロボロノキの花はそろそろ開花しているものがあり,
GWあたりに満開を迎え,その頃には,
カメムシの交尾がみられるようになると思います.

「繁殖は近い」と記事のタイトルを書いて
ふと思い出したんですが,
ポール・デルヴォーの「海は近い」,素晴らしい絵ですよね.
(まぁ虫とは関係ないんですけど…)
また姫路市立美術館に行きたくなってきました.

2008年春カメムシ.jpg
posted by 針山堀太郎 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

秋のベニツチカメムシ

佐賀に来ています.
秋のベニツチカメムシを見に行ってきました.
形態学的解析のためのサンプリングと,
来年の行動実験のための個体群調査などを済ませました.

私達の調査フィールドでは,今年,
ベニツチカメムシの寄主植物であるボロボロノキが
非常に凶作で,ほとんど実を付けなかったため,
幼虫の生存率が著しく悪く,
新成虫がほとんど発生しませんでした.
そのためか,今日の調査でもカメムシの集団が
ほとんど見つかりませんでした.
来年の実験がきちんとできるのかどうか,不安です.

それはともかくとして,
調査フィールドに入るのは,7月以来3ヶ月ぶりだったわけですが,
やはり自然の中で好きな虫を追いかけるのは,最高ですね.
秋晴れの今日の佐賀,楽しかったです.
P. japonensis071103.jpg
posted by 針山堀太郎 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

ぞくぞく孵化

九州北部も昨日梅雨入りしました.
佐賀のじめじめ度合い,すごいです.
そしていよいよベニツチカメムシの給餌シーズンです.
室内飼育の個体は続々孵化しています.
野外でも今週末には早い個体の初出巣が見られそうです.

さぁ梅雨の中いよいよ本格実験シーズンです.
来週から3週間は猛烈に忙しくなりそうです.

ベニツチ孵化.jpg
posted by 針山堀太郎 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

ヨコヅナツチカメムシ採集

先週,針山先生と堀口さんとで
ヨコヅナツチカメムシAdrisa magnaの採集に出かけました.
大学から歩いてすぐ,医大官舎の脇のアオギリ樹下です.
3個体しか採集できませんでしたが,
DNA分析用なのでとりあえずOKです.
雌は腹部が膨満しており,産卵も近そうでした.

それにしてもこのヨコヅナツチカメムシ,
ツチカメムシ類の中でも1,2を争う可愛い種類です.
2cm弱と大型ながら寸詰まりの体型で,
短い脚でちょこちょこ動く姿がパンダに似ているような.
その生態もまだまだ謎に包まれていて,
このあたり↓の文献を読むと,
・大林隆司(1994)ヨコヅナツチカメムシの生態.月刊むし,285;30-32
・Takeuchi, M., Tamura, M. (2000) Seed-carrying behavior of a stink bug, Adrisa magna Ueler (Hemiptera: Cydnidae). Journal of Ethology, 18; 141-143
これから面白い親子間の関係が発見できそうに思えます.
おすすめのツチカメムシです.

ヨコヅナツチカメムシ.jpg
posted by 針山堀太郎 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

台風近づく佐賀でフタボシ調査

フタボシツチカメムシAdomerus rotundusの繁殖を確認した!
という連絡が佐賀の後輩からはいり,
この珍しいカメムシの調査に佐賀に来ています.

フタボシ,外見はミツボシツチカメムシにそっくりですが,
繁殖期が秋のようで,春に繁殖するミツボシと異なっています.
加えて今回の調査で,卵塊構造,幼虫の初期栄養,保育行動など,
多くの点でミツボシと違いがありそうなことが確認でき,
今後の本格的な調査・実験が楽しみです.
現時点での最大の謎は,フタボシの寄主植物です.
彼らは何を餌にしているんでしょうか?

台風13号が直撃しそうな佐賀は,現在ものすごい風雨ですが,
採集したカメムシを観察しながら,にこにこ過ごしています.
フタボシツチカメムシ雌.jpg
posted by 針山堀太郎 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

フタボシかな?

2週間ほど前,浜松医大の外灯下で虫を探していると,
モンツチカメムシ亜科に属すると思われる
見慣れないツチカメムシのメス個体を採集しました.
ミツボシに非常に似ていますが,小楯板の先端が黒く雰囲気も違います.
佐賀大学の後輩にミツボシを送ってもらって比較してみると
交尾器の形態もかなり違うみたいです.
フタボシツチカメムシAdomerus rotundusかその近縁種のようです.

フタボシツチカメムシは2004年に一度,繁殖行動を観察しており
その繁殖生態をじっくり調べたいと思っているのですが,
その後,発生場所を押さえることができていません.
なかなか手強いカメムシです.
A. rotundus ? .jpg
posted by 針山堀太郎 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅力的なカメムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。